管理事業者様向けサービス

住宅宿泊管理事業者様
向けサービス

民泊新法における民泊施設の管理責任を負う住宅宿泊管理業者様にむけて、民泊施設管理上おこりえるトラブルに24時間、365日対応するための体制準備、インフラを提供するサービスです。

協会の特別賛助会員に入会することで、住宅宿泊管理業者様が、協会の事務代行のもと民泊物件緊急トラブル対応サポートを実施するジャパンアシストインターナショナル株式会社と直接業務委託契約を締結することができ、民泊新法第10条で住宅宿泊管理業者に求められる地域住民からの苦情対応に備える体制を自社で備えることができるようになります。

民泊物件補償サービス
(保険引受会社:三井住友海上火災保険(株))
+
民泊物件専門緊急トラブル対応サポートサービス
(かけつけ対応会社:株式会社ジャパンアシストインターナショナル)

民泊物件補償サービスは、民泊施設を運営する一般会員にご入会されたホスト様向けのサービスで、特別賛助会員に入会される住宅宿泊管理業社様向けのサービスではありません。

民泊新法では、住宅宿泊管理業者が民泊物件の管理上の責任を100%負うことが法律で定められており、管理業者がホストに代わって30分以内の駆けつけ対応など、緊急対応サポート24時間、365日対応する義務があります。

民泊新法第10条、
緊急トラブル対応サポート
体制完備イメージ

民泊新法第10条、
緊急トラブル対応サポート
ご利用イメージ

緊急トラブル対応サポートサービスをご利用になるには、特別賛助会員に入会された、住宅宿泊管理業者が管理する民泊施設を、運営するホスト様が、協会の一般会員に入会している必要があります。

緊急トラブルサポート
サービス対象エリア

  1. 青森、秋田、岩手、島根、鳥取、高知、沖縄本島を除く陸路で行けない離島以外の全国のエリアでご利用できます。
  2. 全国の駆けつけサービススタッフを事業者コールセンターで一括集中管理しています。
  3. 固定された拠点から出動する駆けつけサービススタッフの出動体制ではなく、巡回中の駆けつけサービススタッフが出動する出動体です。
  4. 事業者コールセンターで、24時間体制で管理監視をし、駆けつけサービススタッフへ苦情対応出動指令を出す移動 型拠点から出動対応しています。
  5. 事業者コールセンターでは駆付けサービススタッフの現在地を監視モニターにて管理し、最も早く到着可能な駆けつけサービススタッフを出動させます。
  6. 事業者コールセンターはバックアップセンターを含む2か所で運営対応しています。

民泊物件緊急
トラブルサポート
サービス

住宅宿泊事業法・国家戦略特区民泊・旅館業法民泊法すべての民泊施設において、
近隣住民やゲストのトラブルに24時間、365日現地に駆けつけてトラブルの解決ができます。

全国30分以内の駆けつけ体制

24時間365日
対応コールセンター設置!

住宅宿泊管理事業者
arrow_right_alt
業務委託
契約
駆け付け部隊
arrow_right_alt
30分以内に駆け付け
物件
ゴミトラブル
騒音トラブル
健康トラブル
言語トラブル
水回り・ガストラブル

サービスの流れ

緊急の駆けつけ対応が必要か否かを、コールセンターで一次対応いたします。
緊急対応が必要な際は、全国のJAICが駆け付け対応いたします。
※別途出動費を実費請求

年会費

特別賛助会員年会費 ¥388,800- (月額¥32,400)
特別賛助会員年会費 ¥388,800-
(月額¥32,400)

お申し込み

電話・FAX・郵送での物件のお申し込み

03-6426-7863

【受付時間】平日 10:00~18:00

03-6426-7864【FAX】

一般社団法人 民泊民宿協会宛

東京都品川区戸越3-4-18 
ゴールドステージビル8F

WEBでのお申し込み