住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)について

観光庁は12月26日、2018年6月に施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)について策定した施行要領(ガイドライン)を 発表しました。民6泊新法は全国的に一定のルールを作ることで、健全な民泊サービスの普及を図ることを目的としており、 ガイドラインでは法にかかわる解釈や留意事項等を取りまとめている。    詳細はコチラ

中でも、法第3条第1項に、「住宅宿泊事業を営む旨の届出を行うにあたっては、事業を取り巻くリスクを勘案し、 適切な保険(火災保険、第三者に対する賠償責任保険等)に加入することが望ましい。」と記載されており、当会の補償サービスがまさに要件を満たすものとなっておりますので、会員様には安心して民泊を運営していただければ幸甚です。(ガイドラインP12 ⑤を参照してください)
会員特典

賃貸火災保険では損害が補償できない!だから当協会がもしもの時の損害補償のために…

民泊物件に対する保険・補償の必要性

民泊物件には一般の火災保険が適用されない場合があります。正しい知識を持って民泊運…

協会概要

市場変化に伴う様々な問題に取り組み、民泊の推進と事業者を支援するための協会とし…

入会案内

民泊関連産業の発展のため、事業者や関係団体等と円滑な関係を構築し、業界をサポ…