2019/02/04

【北海道】民泊事業者に廃止命令 虚偽届け出で全国初

北海道

北海道は1月31日、一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」の事業届け出の際に虚偽の申請をしたとして、帯広市の男性に対し、民泊事業の廃止を命じる行政処分を行ったと発表したと北海道新聞が報じた。
観光庁によると、民泊が昨年6月に解禁されて以降、事業の廃止命令は全国で初めてという。

【参照ニュース】北海道新聞:民泊事業者に廃止命令 道、虚偽届け出で全国初

株式会社シンシア