2016/09/26

特区民泊における最低宿泊・利用日数引き下げ

特区民泊 最低宿泊日数3日に改正

内閣府は9日、国家戦略特別区域諮問会議を開きその中で、特区民泊の最低滞在日数を、現行の6泊7日から2泊3日 に短縮する方針を決めました。

緩和を受け、大阪府の松井一郎知事は、府も最低2泊3日に緩和する条例改正案を9月議会に提案する意向を記者団に示した。

【関連記事】全国賃貸住宅新聞:特区民泊 最低宿泊日数3日に改正
【関連記事】朝日新聞DIGITAL:民泊特区、最低2泊3日に緩和へ 大阪府市が改正方針

株式会社シンシア