2016/07/20

【台東区】無許可民泊で2社を書類送検

台東区で無許可民泊、2社を書類送検

警視庁下谷署は7月13日、マンションなどに有料で旅行客を泊める「民泊」を無許可で営んだとして「ピクセルカンパニーズ」(東京都港区)の男性社長(36)ら6人と、法人としての同社と子会社の「ハイブリッド・ファシリティーズ」の2社を旅館業法違反(無許可経営)容疑で東京地検に書類送検した。

台東区は4月1日に施行された条例により民泊運営をするには、旅館業法の簡易宿所の許可が必要であり「営業時間中に営業従事者を常駐」「玄関帳場その他これに類する設備を有する」などの条件をクリアする必要があるが東京都台東区長の許可を得ず、同区のマンションに旅行客4人を有料で宿泊させたとしている。

社長は「グレーゾーンと認識していたが警察の捜査が及ばないと思い営業していた」と供述している。
同社は大手民泊仲介サイト「Airbnb」で旅行客を集め、同区内のマンション3室で1泊4,000円で宿泊させていた。昨年6月〜今年5月、旅行客約1,300人を宿泊させ、約1,320万円を売り上げていたという。

【関連記事】:毎日新聞「旅館業法違反容疑無許可で「民泊」、2社を書類送検」

株式会社シンシア