2018/05/07

サブリース物件での民泊を提案

民泊マンション

約2万4000戸を管理する宅都ホールディングスは4月24日、民泊・宿泊事業を拡大するため、楽天LIFULLSTAY(楽天ライフルステイ:東京都千代田区)と業務提携を結んだと全国賃貸住宅新聞が報じた。

管理物件の収益向上や、新しい収益不動産を開発して物件を増やしていく。関西では4月中に簡易宿所、6月にはゲストハウスが完成する予定だという。

【参照リリース】全国賃貸住宅新聞:楽天ブランドで宿泊事業拡大

株式会社シンシア