2019/01/08

【山形県】「さらに厳しく」 旅館業3割回答 独自条例調査

山形県

静穏な環境を維持する観点から「民泊」の実施内容を制限する山形県独自条例について山形県観光物産協会が行ったアンケート調査で、市町村の観光協会や旅行会社は半数以上が「おおむね満足」と回答したのに対し、旅館・ホテルの約3割は「さらに厳しくすべきだ」と答え、意見の違いがみられたと毎日新聞が報じた。

【参照ニュース】毎日新聞:「さらに厳しく」 旅館業3割回答 県独自条例調査 /山形

株式会社シンシア