会員補償内規

補償される金額および免責額

補償対象者 借家人賠償責任 施設管理者賠償責任 1事故当たりの免責額
本会会員、協会が承認した賛助会員の顧客 1事故
プラン A:1千万円
プラン B:3千万円
1事故:1億円 30,000円

借家人賠償責任

【補償を受けられる事由】
本会会員、及び協会が承認した賛助会員の顧客(以下「対象者」という。) が借用戸室で運営する宿泊施設において対象者あるいは宿泊者の責めに帰すべき事由に起因する次の何れかに該当する事故により、損壊した場合において、対象者が借用戸室についてその家主に対して法律上の損害賠償責任を負担することによって損害を被ったときは、本会が賠償責任保険契約を締結している現代海上火災保険株式会社より支払われる保険金額を、本会を通じて補償金として会員に全額支払います。
  1. ① 火災
  2. ② 破裂または爆発
【補償が受けられない主な場合】
本会は借用した戸室が次のいずれかに該当する事由によって損壊した場合において、対象者が被った損害に対しては補償金を支払いません。
  1. ① 対象者あるいは宿泊者あるいはこれらの者の法定代理人の故意。
  2. ② 対象者あるいは宿泊者の心身喪失または指図。
  3. ③ 借用戸室の改築、増築、取壊し等の工事。ただし、対象者または宿泊者が自己の労力をもって行った仕事により火災、破裂または爆発が発生した場合を除きます。
  4. ④ 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似する事変または暴動。
  5. ⑤ 地震もしくは噴火またはこれらによる津波。
  6. ⑥ 核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性に起因する事故。
  7. ⑦ 対象者と借用戸室のオーナー(家主)との間に損害賠償に関する約定がある場合においてその約定によって加重された損害賠償責任。
  8. ⑧ 対象者が借用戸室をオーナー(家主)に引き渡した後に発見された借用戸室の損壊に起因する損害賠償責任。

施設管理者賠償責任

【補償を受けられる事由】
本会会員、及び協会が承認した賛助会員の顧客(以下「対象者」という。)あるいは宿泊者が補償期間中に以下の事故によって他人の身体に障害を与える、または他人の財物を滅失、破損もしくは汚損した結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して、本会が賠償責任保険契約を締結している現代海上火災保険株式会社より支払われる保険金額を、本会を通じて補償金として会員に全額支払います。
  1. ① 対象者が申込書に記載の不動産または動産の所有、使用もしくは管理に起因する事故。
  2. ② 対象者が運営する宿泊施設の用法に伴う仕事の遂行あるいは宿泊に起因する事故。
【補償が受けられない主な場合】
本会は、次のいずれかに該当する事由によっての損害に対して補償金を支払いません。
  1. ① 対象者あるいは宿泊者の故意によって生じた損害賠償責任。
  2. ② 対象者あるいは宿泊者と第三者の間に損害賠償に関し特別な約定がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任。
  3. ③ 航空機、昇降機、自動車または施設外における船・車両)原動力がもっぱら人力である場合を除きます)もしくは動物の所有、使用または管理に起因する損害。
  4. ④ 対象者あるいは宿泊者と生計を共にする同居の親族に対する損害賠償責任。
  5. ⑤ 対象者あるいは宿泊者が所有、使用又は管理する財物を滅失、破損もしくは汚損した場合その財物につき正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償。
  6. ⑥ 対象者あるいは宿泊者の使用人が、対象者の業務従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任。
  7. ⑦ 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変もしくは暴動または騒擾、労働争議に起因する損害賠償責任。
  8. ⑧ 地震、噴火、洪水、津波などの天災に起因する損害賠償責任。
  9. ⑨ 液体、気体もしくは個体の排出、流出もしくはいっ出に起因する損害賠償責任。
  10. ⑩ 原子核反応または原子核の崩壊に起因する損害賠償責任。
  11. ⑪ 施設の新築、修理、改造または取壊し等の工事に起因する損害。
  12. ⑫ 航空機、昇降機、自動車または施設外における船・車両もしくは動物の所有または使用または管理に起因する損害
  13. ⑬ 屋根、樋、扉、窓、通風筒などから入る雨または雪などによる財物の滅失、き損または汚損に起因する損害。
  14. ⑭ 対象者あるいは宿泊者の占有を離れた商品もしくは飲食物または本会会員あるいは宿泊者の占有を離れ、施設外にあるその他の財物に起因する損害。